害獣を寄せ付けないハクビシン忌避剤

subpage-img

ハクビシン忌避剤を使うことは、害獣対策において極めて有効な手段となります。

そもそもハクビシンは、ネコ目に属する外来種で、日本の本州や四国によく見られる動物です。



その愛嬌を感じさせる外見とは裏腹に、人に害をなす習性を多く有しており、相容れない存在として認識されているのです。


とくに問題視されるのは、その運動能力の高さと、好む餌の種類です。



ネコの仲間であるだけに、跳躍力に優れており、1mを超すジャンプ力を誇るものもいます。


そのため、フェンスなども効果が薄いのが実情です。
さらには壁を垂直に上り、細い電線も軽々と渡るなど、人間をあざ笑うかのような行動を示しているのです。

goo ニュースの情報も多数ご用意しました。

そんなハクビシンが好んで食べるのが、甘い果実です。

そのため果樹園の被害は常に深刻で、川崎市が中心となって一斉捕獲に乗り出したこともあります。
また、果実がない場合は生ゴミも平気で漁りますので、住宅街であっても油断はできません。


こうした特徴により、まず追い払う、寄せ付けないという態度が重要となります。


ハクビシン忌避剤は、そのニーズにもっとも適した対策グッズです。

ハクビシンは臭いに敏感な害獣ですから、他の動物と比べても、よりよい結果を期待できます。行政の許可がなければ捕獲することもできませんので、ハクビシン忌避剤は、民間がとれる最善の防衛策に他なりません。

インターネットなどを通じて購入すれば、誰でも利用できますので、積極的に使っていきましょう。


top